子宝占い

2018年に向けて妊活の準備はできていますか?

あなたの妊活を白鳳がお手伝いします!!

5年間の子宝成就率は98.5%の実績で多くの方が妊娠、出産をされています。

1人で悩やまないで白鳳に相談して妊活のための身体作りや食事の方法を教わりましょう!!

 

鑑定を受けられた方に大好評の子宝スムージ―(特許登録済み)をお伝えしています。


 

 

「結婚をしてすぐに子供が授かると思っていた」

「不妊治療でタイミングを教わったができない」

「体外受精や顕微授精をしても授からない」

「男性不妊症で授からない」

と悩んでいませんか?

 


授からないとため息をついていませんか?

「今月も、また。。。。。。」と妊娠検査薬を見つめてため息をついていませんか?

また、妊娠ができなかったことで、夫婦が顔をあわせれば感情的になり小さなことで喧嘩が始まる。

毎月同じことの繰り返しを送っていませんか?

妊娠することだけを優先してしまいあなた自身が大切なことを忘れているからです。 


妊娠するために必要なことは?

妊娠を有効にするためには、ホルモンの働きが重要になります。

妊娠をするためには、エストロゲンホルモンと黄体ホルモンが重要なカギを握っているといっても過言ではありません。

この2つのホルモンは脳下垂体から卵巣へと信号を送り卵巣の分泌を調整しています。

どちらかのホルモンの信号が弱いと妊娠が極めて困難な状況にあります。

 

毎月ある生理が早まって生理日が短い場合は、エストロゲンホルモンの分泌が悪い状態を意味します。

また、生理周期が長くなった場合は、黄体ホルモンの分泌が悪い状態を意味します。

 

白鳳の鑑定では、ホルモンの分泌を調整するための鑑定とアドバイスをしています。


子宝占いであなたの妊娠がわかる!

子宝占いでは、授かりやすい時期をグラフで解りやすく表示します。

年齢表示で授かる年齢をズバリグラフで表示します。

その他には、タイミングの良い時間帯や子宝の活動時期等も鑑定書には表示されるので妊娠のための準備が出来ます。


鑑定後に多くの方が妊娠しています。平均妊娠98.5%です。


2011年度 子宝鑑定数535名中526名妊娠。   2012年度 子宝鑑定数587名中578名妊娠。

2013年度 子宝鑑定数608名中598名妊娠。   2014年度 子宝鑑定数837名中824名妊娠。

2015年度 子宝鑑定数1086名中1053名妊娠。 2016年度 子宝鑑定数1283名中1266名妊娠。

事務局等に妊娠報告を受けた人数を表示しています。

※自然妊娠、体外受精、顕微授精を含む妊娠実績です


たくさんの方が妊娠を体験した大人気の子宝成就方法


子宝成就方法(標準方法)

 

1.子宝授け修法で子宝の活動を早めて授かりやすい時期に妊娠へと行っていきます。

(子授けのお札に夫が持っている子宝数をお札に納めて子宝授け加持供養を施したものを手に持って頂きます。)

 

2.子孫繁栄修法で環境を整えて妊娠しやすい状態に持って行きます。

(トイレに貼るお札で住まいの環境を整えて子宝が動きやすい状態にして子孫繁栄をもたらします。)

 

以上が妊娠成就方法です。

 

お札の料金の目安

子宝お札(入我我入修法)  1枚 8.000円

子孫繁栄お札(トイレお札) 1枚 5.000円


環境改善方法(標準方法)

 

1.住まい環境で玄関が北、北東にある場合、トイレが北、北東にある場合は方位災いを受けて妊娠しにくい環境にあります。

(方位災除去のお札を悪い方位に貼って災い、子宮の病気や流産を防止させます。)

 

お札の料金の目安

方位障災除お札 1枚 8.000円(永代お札)


再婚縁切り方法(標準方法)

 

再婚(片方側が再婚、再婚者同士)で子宝に恵まれない場合は、元妻や子供の縁が切れていないために起こる先祖障害、元妻や子供の念が強く縁切りをしなければタイミング法であっても体外受精であっても顕微授精であっても授かりにくくなっています。

 

1.先祖結線修法で元妻や元夫の縁を切り同時に先祖の縁も切ります。

2.縁を切った後は繋がっていない先祖を先祖結線法で7日間掛けて繋げて行きます。

※不倫や浮気、過去に悪行を働いた方で再婚された場合は、地蔵供養(閻魔供養)を行います。

 

先祖結線法の料金の目安

1.先祖結線修法(縁切りも含める) 7日間 20.000円 

2.先祖結線修法(縁切りと災い止め供養) 13日間 25.000円

3.先祖結線修法(縁切りと念払い供養)  49日間 30.000円


鑑定ではデリケートな部分も鑑定で出てくる場合がございますが、妊娠を高める叶えるための鑑定でありますので、不愉快に感じる方は子宝鑑定の申込みはご遠慮下さい。